海や船のトラブル・登記・登録検査・売買・許認可・船員労務を取り扱う海事代理士サイト

船舶登記・登録

船舶の登記や登録はお済みでしょうか?

売買や相続などによる、所有者の名義変更 、住所や氏名・総トン数・船籍港などを変更した場合など登記・登録が必要になります。また、旗国変更(外国籍船から日本籍 船へ船籍変更する船舶 フラッグバック)をする場合にも登記・登録が必要になります。旗国変更(フラッグバック)をする場合には、他の手続きも必要になります。当事務所では、お客様に代わって手続きを代行いたしますので、ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

よくある船舶登記・登録の事例

  • 新造船などの所有権保存登記
  • 抵当権(又は根抵当権)設定の登記
  • トン数が変化し、総トン数20トン以上の船舶となった場合
  • 相続、売船、譲渡、会社合併、その他事情などでの所有権移転
  • 旗国変更(外国籍船から日本籍船へ船籍変更する船舶 フラッグバック)をする場合

▲PAGE TOP▲

大型船舶(大型クルーザーや漁船・タンカーなど)

総トン数20トン以上の日本船舶は、その船舶を航行の用に供するときは、船籍港を管轄する登記所に、該当する船舶を登記する必要があります。

また、台船・土運船など、通常の船舶登録の対象とならない「建設機械」も、抵当権などにより担保の設定をすることもできます。
例えば、「しゅんせつ船」「砕岩船」「起重機船」「くい打ち船」「コンクリートミキサー船」「サンドドレーン船」「土運船」「作業台船」等が該当します。
ただし、打刻又は検認を受けていない建設機械については登記はできません。

▲PAGE TOP▲

小型船舶(プレジャーボートや漁船・水上バイクなど)

また、小型船舶に関しても自動車やオートバイを売買や贈与、相続により取得したら、名義変更するのと同様、プレジャーボートや水上バイクも名義変更をしなければなりません。あるいは引越しをして住所に変更を生じた場合なども手続きが必要です。

▲PAGE TOP▲

船舶登記費用 ※総トン数20トン以上の日本船舶の場合

船舶登記費用登記する際に、国に支払う登録免許税が必要となります。

また、海事代理士に依頼する場合は別途報酬が必要となります。

海事代理士報酬 ※トン数に応じて変わります

上記の他に、共有者がいる場合や立会いの必要な場合、代理申請を行う場合、必要書類の取得代理や遠方の場合などは、別途費用がかかります。

▲PAGE TOP▲

船舶国籍証書の検認申請について ※総トン数20トン以上の日本船舶

船舶国籍証書の検認とは、船舶国籍証書に記載されている事項が実質関係と一致することを検査・確認することをいいます。 船舶法に定めれている手続きです。当事務所では、検認申請の代行及び立会いを行っております。

また、海事代理士に依頼する場合は別途報酬が必要となります。

海事代理士報酬 ※トン数に応じて変わります。

上記の他に、共有者がいる場合や立会いの必要な場合、必要書類の取得代理や遠方の場合などは、別途費用がかかります。

▲PAGE TOP▲

小型船舶の登録について

全国に放置船が多く社会問題になっていることから、所有者をはっきりさせることが主な目的とされ、平成14年4月1日以降 小型船舶の登録等に関する法律が施工されることになり、小型船舶(総トン数20トン未満の船舶)の所有者は、登録を受けなければ航行することが出来なくなりました。
平成17年3月31日までに現存船は全て登録は完了している筈ですが、長期未使用船など現在、未登録船でも使用される場合検査の際に登録をすればそのまま使用できます。

登録の対象となる船舶

この法律に規定する登録は、総トン数20トン未満の船舶が対象となります。そして、推進機関の有無により、対象となる船舶が異なります。

以下に該当する船舶は、同法に規定する登録の対象外となります。

登録の種類とその内容

<新規登録>
登録を受けていない小型船舶が行う登録で新造船、輸入船、漁船登録を抹消した船舶に対する登録です。
<変更登録>
既に登録されている所有者の住所、氏名、船籍港又は改造による総トン数等の変更を行う登録をいいます。
<移転登録>
既に登録されている小型船舶の所有者を売買や相続により変更する登録です。
<抹消登録>
既に登録されている小型船舶が、以下の一つにでも該当することになった場合等に必要な登録です。

▲PAGE TOP▲

小型船舶登録費用

船舶の台数・大きさ・事情などによって費用が異なりますので、詳しくは御問い合わせください。

水上バイクの場合
移転登録手数料 2,950円+海事代理士 報酬額 7,500円〜=10,450円〜
プレジャーボートの場合
移転登録手数料 2,950円+海事代理士 報酬額 8,500円〜=11,450円〜

※船検証等を紛失していた場合

※長らく乗っていなかった等の事情のある船舶の場合、新規登録の手続きをしていなかったり、あるいは定期検査・中間検査の時期が過ぎている場合などもあるでしょう。あるいは、改造などがある場合などは、別途、新規登録・変更登録・検査等、費用がかかります。

その他、権利関係が長らく転々としていたためわからない場合など、複雑な手続きを要する場合もあります。
また、相続(遺言があった場合など)や承継、贈与あるいは、所有者が未成年や外国人の場合など、詳しくはお問い合わせ下さい。
費用など、詳しくはお問い合わせ下さい。

▲PAGE TOP▲

ご相談フォーム

ご相談フォームでは、24時間無料でいつでも連絡を受け付けています。ご質問・ご相談等ございましたら、下記のフォームに必要事項をご記入の上ご連絡ください。
返信は3営業日以内に記入されたメールアドレスへとご返信いたします。3営業日以内に返信がない場合は、お手数ですがもう一度お問い合わせください。

お問い合わせ項目
(必須)
許認可手続 船舶登記・登録 船舶検査手続
船員労務 船舶売買海・船のトラブル 不明・その他
お名前
(必須)
※ハンドルネーム可
メールアドレス
(必須)
郵便番号 ※半角数字
都道府県名 ※住所は全て正確にご記入下さい
住所
電話番号 ※半角数字
ご相談内容
(必須)

 

▲PAGE TOP▲

無料メールマガジン「海事通信」登録受付中

顧問契約についてのご案内

PROFILE -海事代理士の紹介-

海事代理士 松本 誠

当サイトを運営する海事代理士の松本と申します。
海や船に関する海事許認可手続(内航海運業や旅客船事業・船員派遣事業等)・船舶登記(所有権保存や移転、抵当権設定等)や登録、船舶検査・船員労務等のお悩みごとなどでお困りの方への手助けをさせて戴いております。
親身になってお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

船舶・ボート免許更新サイト

▲PAGE TOP▲

copyright © シーサイド海事法務事務所 all rights reserved.